義歯(入れ歯)

フィットする入れ歯はあなたの身体の大切な一部になります!!
 
入れ歯は口腔機能の複雑な働きを助け、顔の印象を決定づける補助装具です。
噛む、飲みこむ、味わう、食べる、しゃべる、歌う、息をする、噛みしめる。
私たちの口はたくさんの働きを担っている重要な器官です。
きちんとご自分に合った入れ歯をご使用ください。
 
・入れ歯が合わない
・今の入れ歯ではお食事に不自由がある
・見た目が気になる

 
このようなことでお困りの方は当院へご相談ください!
 
※歯科技工士が常勤していますので、義歯修理、調整をその場ですぐに行えるから安心
当院では、院内に女性技工士が常駐し、ゴシックアーチの作製、義歯のリマウント咬合調整、プロビジョナルレストレーションの作製、即重デンチャー作製などできるかぎり迅速に対応しています。
ireba_09

sogishi
 
咬み合わせ重視の治療を行います。
 
1つの義歯を作製する為に、顎運動検査を数回行い顎が落に動き、痛くなく咬める義歯を作ります。
 
院内技工士と協力し患者さんと三位一体の治療を行っています。

入れ歯の種類

レジン床義歯

ireba-00

全体がレジンというピンクのプラスチックで作られた入れ歯のことです。保険で作ることができるので比較的安価に作ることができます。
 
【メリット】
・比較的短期間での作製が可能で安価で作ることができ、調整がしやすい。
 
【デメリット】
・素材に厚みがあり、自費の入れ歯にくらべ、お口の中の違和感があったり、味覚が劣ってしまいます。

金属床義歯

irebametal義歯床が金属で出来ている入れ歯です。
義歯床を金属にすることで、お口に接触する部分を薄くすることができ、保険の入れ歯にくらべ違和感が少なく、また金属ですので壊れにくくなっております。
 
また、作製するにあたってさまざまな制限がある保険の入れ歯にくらべ、よりご本人にしっかりと合った入れ歯を作ることができます。
 
【メリット】
・金属は熱伝導性に優れており、食べ物の温度が伝わるので、おいしくお食事をすることができます。
・素材を薄くすることができるので、保険の総入れ歯よりもしゃべりやすく、違和感が少ない。
・見た目に自然で入れ歯とわかりにくい
 
【デメリット】
・保険適用外の治療になるので、保険の入れ歯にくらべ値段が高い。
(金属床義歯の料金の目安はこちらをごらんください)

入れ歯素材の特徴

素材 保険の入れ歯
(レジン)
自費の入れ歯
(チタン・コバルトなど)
特徴 レジンというプラスチックを使用。強度が劣るので、噛む力に耐えうるに厚みを持たせ大きく作る。その為、食べ物の味や食感が伝わり難くなる。 金属で強度があるのでなるべく違和感がないよう、薄く小さめに作れ、汚れもつきにくく、食べ物の味も損なわない、丈夫で長持ち。

当院の入れ歯治療について

【ケース1】部分入れ歯(マグフィット)治療例

ireba_ba1

現在しっかりと残っている歯に磁性金属(キーパー)を装着し、入れ歯側に超小型歯科用磁石を装着して、磁力を利用したがたつきの無い、しっかりフィットした入れ歯を実現しました。残っている歯にセラミッククラウンをかぶせ、入れ歯が固定されるようになりました。ピーナッツも噛めるようになったと喜ばれています。
 
※マグフィットは小型で強力な吸引力を持つことで、ピッタリ吸着し、着脱簡単な義歯を製作できる維持固定装置です。同時に咬合時に発生する有害な側方力から歯根および顎を守ることができる高度歯科治療技術の一つです。
 
img0005

従来の様々なタイプの入れ歯から最先端の入れ歯治療、バルプラスト義歯を扱っております。
※バルプラスト義歯とは、金属のバネをつかわない部分床義歯です。1956年にアメリカで開発されて以来、欧米を含む世界95カ国以上で認められたノンクラスプデンチャー(バネの無い入れ歯)です。
 
【ケース2】入れ歯治療例(バルプラスト装着例)
ireba_ba2従来の入れ歯に比べてバネが無いので違和感がなく、見た目もとてもきれいです。
ireba_ba3薄く弾力感があり、従来の入れ歯に比べ快適な装着感が特徴です。 完成したバルプラスト義歯です。

入れ歯治療の料金

保険診療の入れ歯から自費診療の入れ歯など様々な入れ歯を取り扱っております。
料金の目安はこちらをごらんください。

患者様の声を紹介します!

 
koe_06Aさん 女性:71歳
 
今まで使っていた入れ歯が合わなくなってきたので、いっそインプラントにしようかとも思いました。院長先生と何度もカウンセリングを重ね、ていねいに説明してもらった結果、私には入れ歯の方が向いていると勧められたので、金属床義歯を作ってもらいました。
出来上がったら、今まで使っていた入れ歯とは違い違和感がなくてぴったりです。それに自分で言うのも変ですが、顔がぐっと若返りました(笑)
 
koe_05Bさん 男性:66歳
 
以前使っていた部分入れ歯は針金(クラスプ)が何度も折れてしまい、そのたびに修理してもらって大変でした。詳しく調べてもらったら、噛む力が強いということだったので残った歯にパチンとはまる金属の入れ歯を作ってもらったら何でも食べられるようになりとても調子よくなりました。